スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)

 聖カタリナ大(松山市)は6月13日、介護職員や看護師向けに腰痛予防の無料セミナーを開催する。

 同セミナーは愛媛県の委託事業で、愛媛県福祉サービス協会が協賛する。

 講師に日本ノーリフト協会の保田淳子代表を招き、保田氏が「よりよいケアの提供とプロとして行う腰痛予防」と題して講演する。保田氏のほか数人の介護施設関係者を交え、「介護・看護職の腰痛予防対策の現状と今後の展望」をテーマにパネルディスカッションも行う。

 時間は午前10時から午後4時まで。場所は松山市内の同大体育館。定員は300人。10日までにファクス089(993)0900で申し込む。


【関連記事】
社会福祉施設での腰痛防止と危険予知でマニュアル―厚労省
施設系職員の不満目立つ―介護労働安定センター調査
介護施設での事故、転倒が6割−三菱総研調べ
介護従事者の負担軽減に福祉用具の導入を―リフトリーダー養成研修会
介護サービスへの苦情は減少傾向−東京都国保連の相談白書

ガス田、早期交渉入り確認=日中首脳が電話会談(時事通信)
野村沙知代さんが「暴力団関係者と相撲観戦」の記事めぐり週刊新潮を提訴 (産経新聞)
<河村・名古屋市長>菅内閣に注文 「増税せんでちょう内閣」と命名(毎日新聞)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
「とうとう来た…」都城で口蹄疫、衝撃と落胆(読売新聞)

沖縄でも口蹄疫か=牛1頭がよだれ(時事通信)

 沖縄県内でよだれが出るなど口蹄(こうてい)疫とみられる症状のある牛1頭が見つかったことが1日、明らかになった。同日夜にも検査結果が判明するという。宮崎県で口蹄疫の感染が拡大しているが、同県外ではまだ発生していない。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数
ワクチン費用、国が負担=口蹄疫で宮崎訪問
口蹄疫対策、予備費96億円=損失補てん、生活支援は別途手当
NEC、口蹄疫被害で義援金300万円=被害対策PCの貸与も

いじめで転校 元同級生に賠償命令 京都地裁(産経新聞)
菅首相「全員が参加できるような民主党を」 (産経新聞)
<葉隠忍者>人気奪回へ「ゆるキャラ狩り」 “果たし合い”が話題、今夏イベント(毎日新聞)
<リニア中央新幹線>迂回ルートにこだわらず 長野県知事(毎日新聞)
マーケティングは社内から――インサイドマーケティングのすすめ(Business Media 誠)

僕らの学食を守るぞ! 経営難、生徒らボランティア店員(産経新聞)

 大阪市平野区の大阪府立長吉高校で、経営難に陥っている校内食堂を盛り上げようと、教師や生徒がボランティア店員として支援に乗り出している。同校は全日制単位制高校で、アルバイトなどをして働きながら通学する生徒も多いが、不況で懐具合が悪化して食事代を節約する生徒が増え、食堂の売り上げが急激に落ち込んだ。食堂を運営する業者は「撤退も考えざるを得ない」というが、生徒らの支援を受け「頑張って挽回したい」と話している。

 同校では以前、厨房で調理する一般的な食堂があったが、平成19年1月に撤退。学校側が別の業者を探したものの、「採算が合わない」と断られ続けていた。しかし、平野区内でコンビニチェーンを経営する吉川洋さん(46)が事業を引き受け、コンビニ形式の食堂として同年7月にオープンした。

 店内にはおにぎりなどを購入できるコンビニ部分と200人を収容できる食事スペースがある。

 当初は売り上げ目標を上回るなど、経営は順調だったが、不況のあおりで売り上げは減少し、最近はピークの半分以下に。不況で収入が減り、食事代を切り詰める生徒が増えた結果とみられ、吉川さんは「以前はしっかりと食べていたのに最近は、おにぎり1個だけで空腹を紛らわせる子もいる」と話す。

 経営難を知った生徒は「食堂を守ろう」と、混雑時にはボランティア店員として手伝うことにした。今年4月から生徒会と教職員が昼休みにレジ打ちや袋詰めをしている。生徒会の吉永幸恵さん(18)は「仕事も任せてもらえるし、接客が楽しい」と喜ぶ。

 国語科の寺田昌雄教諭は「生徒の大半が卒業すると就職する。友達と相談したり団らんしたりする時間や場所を大切にしてあげたい」と話す。吉川さんは「値引きなど柔軟な対応をして売り上げ改善を目指したい」としている。

 ■単位制高校  学年による教育課程の区分を設けず、必要な単位を修得すれば卒業できる。生徒自身の学習計画に基づき、自分の興味や関心に応じた科目を選択できる。他の多くの高校のように学年区分がなく、それぞれのペースに合った学習に取り組むことができる。

【関連記事】
ノーベル賞の下村さん「65年前はソースかけ食べた」 母校でカレーライス舌鼓
京大の学食にイスラム食メニュー
“ぶっかけるラー油”桃屋の牙城にエスビー挑む
百戦錬磨の鍋奉行もうなる、沖縄「ヤギの血入り鍋」
朝日新聞が釣られた?1面トップで「便所飯」報道!
iPadが上陸

「まるで時代劇の立ち回り」 加藤被告の「黒いもの」と警棒かち合う(産経新聞)
少し肌寒いけど…お先に夏服 神戸の女子中高(産経新聞)
<掘り出しニュース>J2 愛媛VS大分“温泉ダービー” 相手チーム紹介で図書館対決(毎日新聞)
誰が直したの?…こち亀「麗子」像、真っすぐに(読売新聞)
3億円余を不正送金か=フィリピン人の女逮捕―福岡県警(時事通信)

被害男性の孫娘、ストーカー被害 千葉放火殺人(産経新聞)

 千葉県八街市で11日、民家が全焼し、焼け跡から同所に住む中村行夫さん(76)の殺害された遺体が見つかった事件で、中村さんと同居する息子の長女(16)が4月中旬、佐倉署にストーカー被害の相談をしていたことが13日、佐倉署捜査本部の調べで分かった。

 相手は県内の男(47)。同署は12日に別の器物損壊事件の容疑者として男を逮捕し、取り調べをしているという。

 また、中村さんの死因は、背中を刃物で刺されたことによる出血性ショックとみられることが分かった。捜査本部によると、中村さんの傷は背中から右肺に達していた。煙はほとんど吸っておらず、自宅を放火された段階ですでに死亡していた可能性が高いとみられている。

雑記帳 イケメン演歌歌手の山内恵介さんが一日根室署長(毎日新聞)
養父母、「女性は妹」=周囲に不自然説明−袋詰め遺体・大阪府警(時事通信)
内閣支持率 続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
スーパーCO中毒 カツオは無関係 東京・江戸川(産経新聞)
社民、普天間対処方針に了承せず 福島氏「明確に反対」(産経新聞)

「パワーもらいたい」お伊勢参りが大ブーム(読売新聞)

 三重県伊勢市の伊勢神宮への参拝者が急増している。

 内宮(ないくう)、外宮(げくう)を合わせ、昨年は800万人に迫った。今年も4月までで424万人に上り、統計が残る1896年以降で最多だった1973年の859万人を上回る勢いだ。雑誌やインターネットなどで「パワースポット」として紹介されるようになり、女性や若者の参拝者が増えたとみられる。神宮司庁も「最近の増加ぶりには驚いている」と話している。

 ◆式年遷宮PR効果も◆

 伊勢神宮の参拝者は、20年に1度の式年遷宮(せんぐう)の年とその翌年に急増しており、過去最多の73年も遷宮の年だった。それ以外の年は500万〜600万人台にとどまっていたが、遷宮の6年前の07年に700万人を超えると、08年は750万、昨年は798万人とうなぎ登りだ。その勢いは今年になっても全く衰えない。

 伊勢市や市観光協会などによると、3、4年ほど前から、女性誌などが「パワースポット」を特集するようになって、伊勢神宮でも女性や若いカップルが目立つようになり、観光案内所にも参拝の方法や手順を尋ねる若者が増えているという。

 パワースポットは、「元気をもらえる場所」「癒やされる場所」などとされている。たくさんの巨木がある伊勢神宮は、東京の明治神宮や宮崎県の高千穂神社などと並んで、多くの雑誌やネットのサイトで、「日本有数のパワースポット」として取り上げられている。

 大型連休に訪れた東京都目黒区の松本香子さん(39)は、「ファッション雑誌のパワースポットをテーマにした特集に心が動かされ、パワーをもらおうと思って、約20年ぶりに来ました」と話し、夫と子ども2人と一緒に参拝した。

 神宮司庁は「遷宮に向けて、東京や大阪などの大都市を中心にPRに力を入れており、様々なメディアで取り上げられる機会が増えたからでは」としているが、「それでも、このところの増え方にはびっくりしている」と驚きを隠さない。

 ただ、パワースポットとして取り上げられていることについては、「全国の神社にパワースポットという目が向けられているが、神宮は今も昔も変わらない。古来から続く神宮の姿に触れてもらえれば何よりだ」と話している。

 ◆式年遷宮=20年に1度、伊勢神宮の内宮、外宮の正殿や別宮など、60以上の社殿と神宝などをつくり替え、ご神体をうつす神事・祭事で、約1300年前に始まった。次回の第62回遷宮は2013年10月に、ご神体がうつる「遷御(せんぎょ)」が執り行われる。

鳩山首相、今月中旬にも沖縄再訪問の意向(読売新聞)
<葬儀>小掛照二さん=元JOC委員会 14日、東京で(毎日新聞)
<自民党>金子・前長崎知事を擁立 参院選長崎(毎日新聞)
<子ども手当>一部現物支給を提言…民主党の国民生活研究会(毎日新聞)
親子3人はねられ死亡 パンク修理中、トラック突入 中央道(産経新聞)

<鳩山首相>志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は23日、共産党の志位和夫委員長と国会内で会談した。米軍普天間飛行場移設問題について志位氏が「移設条件なしの撤去しか解決の道はない」と無条件撤去を求めたのに対し、首相は「難しい局面だ。共産党のようにすっきりした答えはなかなか作れない」と苦悩をにじませた。首相は志位氏が今月末から訪米することを踏まえ「ぜひ米国で(無条件撤去を)主張してきてほしい」とも述べた。

【関連ニュース】
鳩山首相:大型連休中に沖縄訪問を検討 実現するかは微妙
高速料金:首相値上げ幅圧縮示唆、前原氏には「見直さず」
党首討論:鳩山首相、普天間移設で混迷ぶり露呈
普天間問題:鳩山首相「5月末までに五月晴れ」
普天間移設:徳之島2町長、首相来訪しても面会拒否

「アホんだら!」コンビニ強盗、競馬でスって自首(産経新聞)
「国産100%」実は外国産100% 神戸の精肉店(産経新聞)
政府、「浅瀬案」で米側と最終調整 26日から審議官級協議(産経新聞)
松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
最優秀は激辛「国民にたっぷり仕分けされる夏」(読売新聞)

競争激しい旧試験(産経新聞)

 【隣の司法改革】韓国のロースクール事情(中)

 ■受験生「後がない」

 「周りの友人たちはとっくに就職している。本当に合格できるか、無力感にとらわれることがあった」

 韓国の東国(トングク)大学出身で昨年、従来型の司法試験に合格した羅(ナ)ソラさん(24)は司法試験の受験勉強当時をこう振り返った。

 法律家の道を目指したのは、大学卒業生の2人に1人が就職できないという未曾有の就職難があったから。「就職の努力も司法試験も大変なのは同じ。有名企業に入ってもやめれば何も残らない。結局、司法資格が一番役に立つ」

 3年間の休学期間を使って司法試験予備校などで勉強した。「3〜4年で合格するのは早い方」(東国大教員)という。

 東国大は韓国でも屈指の伝統私学で、毎年、二けたの司法試験合格者を出してきた。だが、昨年スタートした法科大学院(ロースクール)制度では、政府の設置認定からはずれた。

 受験勉強中も母校の選定落ちのニュースが耳に入ってきたが、羅さんは「興味はなかった」という。「関心は自分が早く合格しなければならないということだけだった」

 受験勉強生活4年となった同大の呉昌勲(オ・チャンフン)さん(27)は四六時中、ストップウオッチを手放さない。「勉強時間を正確に計るためで、トイレに立った時間もきっちり除く。そうして1日10時間は勉強する」

 ≪目標は盧武鉉氏≫

 「司法試験は朝鮮王朝時代の科挙試験と同じ」。韓国の法曹関係者からはこんな言葉をよく耳にする。科挙とは、古代中国にならった官僚登用試験で、いまも現代版の科挙試験である国家試験「高等考試」の合格者が国を動かす。

 その頂点である司法試験は合格者枠1千人に3万人が受験するという日本の旧司法試験並みの競争の激しさだ。自宅との往復時間も惜しむために「考試院」と呼ばれる一人が横になるのがやっとの狭さの宿泊施設に寝泊まりし、予備校や図書館とを往復するだけの日々。受験生の一人は「司法試験受験生は人ではない」と自嘲(じちょう)する。

 女性の場合、一人暮らしを心配した母親が予備校近くのマンションを借り、娘と“受験生活”を送るというケースも珍しくない。

 韓国の司法試験受験生の多くがいまも目標に挙げるのが、昨年自殺した故廬武絃(ノ・ムヒョン)前大統領だ。地方の農村出身者が約10年に及ぶ挑戦の末、司法試験に合格。国のトップまで上り詰めた。

 その彼が大統領当時に断行したのが、何年にもわたる受験浪人をなくすための法科大学院制度の創設だった。地方出身の自らの経歴からか、特にこだわったのが地方大の優先策で、東国大など、ソウルの中堅私大の多くが法科大学院の選定から落ちることになった。

 ≪生き残り策模索≫

 旧来の司法試験は、数年の移行期をへて段階的に廃止される。東国大法学部では、今後も法科大学院設置申請を続けるほか、受験資格を失った後に備え、別の公務員試験対策に力を入れる。米国の大学と提携して米国の弁護士資格を得られる大学院課程設置を検討するなど、必死に生き残り策を模索している。

 残された受験チャンスは限られるが、呉さんは「後がないだけ緊張感が違う」ことから、法科大学院に入り直すことは考えていないという。

 「でも自分が損したとは思わない。だって競争が激しい旧来の司法試験を合格すれば、プレミアがつくでしょう。勉強をしただけ自分の身になると信じています」。そう話すと時間を惜しむよに受験勉強に戻った。(桜井紀雄)

郵便不正公判 「自立支援法」供述 副検事が誘導認める(毎日新聞)
ベテランバス運転手も間違う「要注意交差点」(読売新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)
大丈夫と思うけど…ガラス1枚、ライオンの迫力(産経新聞)
駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑−東京高裁(時事通信)

6割「司法、より身近に」=参加意欲は横ばい−裁判員制度意識調査・最高裁(時事通信)

 昨年5月からスタートした裁判員制度について、64%の人が実施後に司法をより身近に感じるようになったと答えたことが16日、最高裁が公表した「裁判員制度の運用に関する意識調査」で分かった。裁判結果に国民の感覚が反映されやすくなったとした人も62.6%いた一方、参加意欲は制度開始前からほぼ横ばいだった。
 調査は1〜2月、全国で20歳以上の男女計2037人に個別面接して実施した。制度開始後の最高裁の調査は初めて。 

駐車場事故 4歳はねられ死亡 小さな姿気づかず 埼玉(毎日新聞)
民主岐阜県連が党体制の刷新要求、地方組織では初(産経新聞)
<ライター事故>1人死亡…04〜08年度、独法に通知(毎日新聞)
略称「日本」で混乱、田中康夫氏が不快感(読売新聞)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)

<阿久根市訴訟>元係長の懲戒免職処分取り消し…鹿児島地裁(毎日新聞)

 鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が掲示した張り紙をはがしたとして、懲戒免職処分にされた元係長の男性(45)が処分の取り消しを求めた訴訟で、鹿児島地裁(牧賢二裁判長)は9日、元係長の主張を認め、市に処分の取り消しを命じた。

 元係長を支援する市職員労働組合が原告となった訴訟も含めると、竹原市政を巡る三つの訴訟すべてで市長側が敗訴した。

 元係長は竹原市長が庁舎各課の入り口に張り出した、各課の職員給与総額が書かれた紙をはがし、09年7月末、竹原市長から懲戒免職処分を受けた。

 元係長は8月に「処分は裁量権の逸脱・乱用で違法」として提訴。同時に判決確定までの間、処分の効力停止を申し立てた。

 地裁は10月「処分が不適法と評価される余地がないとはいえない」として、処分の効力停止を決定。元係長はその後出勤したが、決定に従わない竹原市長が就労を拒み続け、出勤と早退・自宅待機を繰り返している。

 竹原市長は「元係長が現場に戻れば市政運営に悪影響が生じる。人事は首長の専権事項であり、裁判所はその適否を論じる資格を持たない」と請求棄却を求めていた。

 地裁は10年3月、決定後も元係長に払っていない賃金を支払うよう市に命じたが、竹原市長は応じず、地裁川内支部が市の預金口座の差し押さえ命令を出し、今月6日、元係長に約220万円が支払われた。

 市職労の事務所使用を拒否した市長の処分取り消しを巡る訴訟は09年10月、地裁が処分取り消しを命じたが、竹原市長は「裁判所は神ではない」と発言。司法を否定するような態度を取り続けている。【川島紘一】

【関連ニュース】
阿久根市長:「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る
阿久根市長:司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に
阿久根市長:賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ
阿久根市:市長要求で市職労の事務所移転
阿久根市長:賃金不払い容疑で元係長の弁護士が告発

ヒロミさんが接触事故=けがなし−東京(時事通信)
<カタクリ>薄紫色の花が魅了 栃木・那珂川の公園(毎日新聞)
子供のライター遊び火災、5年で28件 新潟県が注意喚起(産経新聞)
「首長新党」に首相、「私たちが先を走っている」(産経新聞)
スピード違反取締中の警察官がはねられ重傷 京都(産経新聞)

訃報 後藤悟さん81歳=立行司の第28代木村庄之助(毎日新聞)

 大相撲の行司の最高位、立行司の木村庄之助を務めた後藤悟(ごとう・さとる)さんが1日、千葉市稲毛区の自宅で亡くなった。81歳。葬儀は6日午前11時半、千葉市若葉区桜木1の39の6の博全社若葉儀式殿。喪主は長男清隆(きよたか)さん。

 後藤さんは第28代木村庄之助を襲名し、91年初場所から93年九州場所まで務めた。その所作の美しさから「平成の名行司」と呼ばれた。

ボンネットバスで観光振興=鹿児島〔地域〕(時事通信)
政治資金監査、収入は調べず領収書照合のみ(読売新聞)
<警察庁長官狙撃>「オウムのテロ」 会見で警視庁公安部長(毎日新聞)
桜前線東北入り間近 民間3業者予想(河北新報)
川崎汽船のコンテナ船、2発被弾=けが人なし−ソマリア海域(時事通信)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
現金化
携帯ホームページ
競馬情報
ネットビジネス
自己破産
selected entries
archives
recent comment
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    カナ (08/27)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    ぱんてい (05/03)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    TARO (02/23)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    とろろいも (01/15)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    桃医 (01/09)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    道隆 (01/03)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    玉木よしひさ (12/29)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    まろまゆ (12/20)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    ゴンボ (12/17)
  • 13日に腰痛予防の無料セミナー―聖カタリナ大(医療介護CBニュース)
    夜沢課長 (12/09)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM